×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

珈琲のおいしい飲み方

珈琲の淹れ方はこちら

ペーパードリップ式

家庭で珈琲を淹れるのに手軽なものとしてペーパードリップがまず挙げられます。ペーパードリップの利点は道具の入手が簡単であり、使用後の片付けも手間がかからないこと、何より淹れ方によってコーヒーの味わいを抽出者が好みに応じて都度変えて楽しめることがその理由として挙げられます。

ペーパードリップ式

もっともオーソドックスな珈琲の淹れ方になります。
器具が安価で手軽に入手できることから、コーヒー初心者でも始めやすい方法です。
淹れる際はストップウォッチなどをご用意していただき、全体にお湯が馴染むようにお湯を注いでください。
その後蒸し、3~5回に分けて注ぐと、珈琲豆本来の味が引き出せます。

ペーパードリップ式

<基本のペーパードリップ>
サーバーに抽出する際の沸騰したお湯を入れ一度ドリッパーを温めます。そのお湯をポットに移し湯温を確認します。抽出したい温度まで待ちます。
ドリッパーにペーパーを敷き所定量の挽いた豆を入れサーバーにセットします。その際、粉面は平らになるように注意します。軽くゆすると簡単に平らにできます。
ポットからのの字を書くように2~3回転ほど豆にお湯をかけます。豆全体にお湯がかかるようにします。この際に注意するのは、お湯はなるべく細く全体に書けること(どばっと注がない)、ペーパー部にお湯をかけないこと、お湯を入れすぎてサーバーに抽出されすぎないようにします(多少ポタつく程度で止まるほど)。

ここで30秒ほど、蒸らし工程に入ります。蒸らし工程は、粉の中のコーヒー成分を十分に抽出しやすいようにするために行います。全体を蒸らすことで味わいを十分に出すことができます。蒸らし終わるころには、ドリッパーの表面に二つ三つ、気泡が現れるので目安にすることができます。ここから追加のお湯を注ぐようにします。
お湯を注ぎたす基本は豆の盛り上がりにへこみができてきた時です。湯だまり(へこみ)がドリッパー内で大きくならないように注意しながら湯を注ぎたします。
注ぎ足すときものの字を書くように全体的にお湯をかけていきます。ここでも円を描くように細く湯を注ぎます。
抽出したい分量を抽出したらドリッパーを外します。すぐ横にボウルなどの受け皿を用意しておくと便利です。ドリッパーを外すときの注意としては、ドリッパー内での抽出が終了しないうち、湯が残っているうちには外すことです。えぐみまで出てしまいます。湯だまりができないように手元に注意が必要です。
(写真右からハリオ01:Φ19mm、カリタ101:Φ3mm x3、メリタ1×1:Φ3mm×1)

ネルドリップ式(布)

ネルドリップ式(布)

「ネル」と呼ばれる布製のフィルターを使用し、珈琲を淹れていきます。
ペーパードリップ式と違い「手間」をかけて抽出することで、まったりとした口当たりで飲みごたえのある珈琲を淹れることができます。

<基本のネルドリップ>
淹れ方はペーパードリップと同じ注意事項です。
ネルドリップで大事なのは、管理方法です。購入したてのネルは糊が効いているものがほとんどなので、熱湯または珈琲液で一分ほど鍋で煮詰めてから使用し始めます。
ネルの裏表面については、いずれの面に粉を入れても使用できますが、起毛している側、または縫い代が残っていない面を外側にすることをお勧めします。手入れがしやすいこととネルの寿命を意識しやすいことがあげられます。起毛が立たなくなってきたらそろそろ使い終わりの時期です。
ネルは繰り返し使うため、使用後はネルを水または湯でよく洗い清潔な水に浸してタッパーウェアなどで冷蔵庫で保存します。洗うときは石鹸などは使わず、また乾かす必要もありません。いずれもにおいのもとになってしまいます。
使用した時はもちろんですが、使用しなかった日でも同じようにネルを洗ったり水を取り替えたりすることをお勧めします。何日も同じ状態で置いたままだと、においがついて使えなくなってしまいます。
またネルはドリッパーの中に入れ、ペーパーと同じように使用することもできます。そうした場合は手で押さえていなくてもネルを使うことができます。気持ち大きめのドリッパーのほうがやりやすく感じます。

ステンレスメッシュフィルター

ペーパードリップやネルフィルターと同じような形のステンレスメッシュフィルター。コーヒーのうまみ成分の一つであるコーヒーオイルを濃厚に抽出できることで人気のフィルターです。コーヒー本来のアロマを十二分に楽しむことができます。ペーパーを使用しないので香り付きを気にする方や、消耗品を気遣わずに使用することができます。

味覚としてアロマ、フレーバーをより濃厚かつ手軽に楽しむことができます。
ペーパーを都度購入する必要がなく、基本的には水洗いできます。時折、メッシュ部を中性洗剤をつけたスポンジでふいたあと熱湯消毒すると長く使うことができます。メッシュを破らないようご注意ください。
淹れ方としては上記のペーパードリップに準じますが、使用する豆の量がやや少なめ(ハリオ01と比べ)の一人分、10~12gです。
使用後のコーヒー殻を捨てる際には、ペーパーに比べ手間がかかるように感じます。殻をごみ箱に捨て、取り切れない分は洗い流し乾燥させます。

 

 

 

 

 

コーヒーの淹れ方

よく見られるドリッパーはメリタ・カリタ式の底面があるものと、ハリオ・コーノ式の円すい型のものがあります。メリタ・カリタは底面に小さな穴がそれぞれ1つ、3つとあります。ハリオ・コーノは大きな穴が一つの構造です。
穴の形状から推測される通り、小さな1つ穴 → 小さな3つ穴 → 大きな1つ穴の順に同じ条件で抽出した時の速度は速くなります。抽出のコントロールも、同様の順序で難しくなります。その代わりとしてコーヒーの味わいのコントロールは自在になります。この影響を感じさせないようにしているのがおのおのの商品についた、メジャーカップによるコーヒーの量の調整です。メリタのメジャーカップでは約8グラム、カリタでは約10g、ハリオでは約12グラムのコーヒーが計れます。豆の量が増えることは味わいが深く出ることを意味しますが、同じ淹れ方をしたときにそれぞれの抽出時間が違うためその調整弁となっています。
コーヒーの淹れ方の基本「粉の大きさ、湯温、抽出時間」は先に書きましたので、道具を変えるだけでもコーヒーの味わいを簡単に調整することができます。

  さっぱり 苦い
お湯の温度 低い 高い
豆の挽き方 粗い 細かい
抽出時間 短い 長い

①お湯の温度
湯温は高いと苦く、低いとあっさり(苦味が出にくく)になります。
基本の湯温は86℃ぐらいで、80℃よりも低くなると、苦味は出しにくくなります。

②豆の挽き方
挽いた豆(粉)は粗いとさっぱり、細かいと苦く感じられます。
細かいほうが湯にかかった時に深くまで浸透できることで豆の成分をより多く、速く抽出することができます。

③抽出時間
抽出時間は短いとさっぱり、長いと苦く感じられます。
目安として蒸らし30秒、抽出完了3分といわれます。豆を十分に蒸らし成分が抽出されやすくしてから、こまめに湯を追加し、抽出していきます。所定量抽出した後は、ドリッパーをはずし出し切らないようにします。