×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブレンドコーヒー»  コーヒー豆 さわやかブレンド 300g 自家焙煎coffee 中浅煎り 珈琲専門 ランキング 約30杯分

コーヒー豆 さわやかブレンド 300g 自家焙煎coffee 中浅煎り 珈琲専門 ランキング 約30杯分



ちょうどあの曲がはやったころ、店主は生まれました。
曲を聴いたのはおそらく中学生ぐらいのとき、ラジオ放送から流れてきたのだと思います。
澄んだ歌声と独特の歌詞が印象的でした。

喫茶店の歴史を振り返りますと、70年代は黄金期にやや斜陽がかかったところだったでしょうか。
曲の出た70年代前半はまだ元気だったころかと思います。
時期的にはマクドナルド1号店が銀座にできる前かと思います。
学生紛争もひと段落し、大阪万博を終え、高度成長期が新たな岐路に立とうかとしたころ。
町の小さな喫茶店では、会話と音楽が流れていました。

当時はまだ、自家焙煎が流行する前です。
大手ロースターが焙煎した豆で淹れる珈琲の味。
当時の書物を紐解いても、味よりむしろ喫茶店の雰囲気・客層・世相について書かれていることが多く、今となってしまうと言葉通りに受け取るならば浅煎り豆が多く使われていたことと、ネルドリップを中心とした「抽出技術論」が熱く語られたことが多く残されているぐらいです。
コーヒーの香りは文化をより一層際立たせておりました。

時は流れチェーン店の台頭、カフェバー、オープンカフェ、オーナーの趣味に彩られた店などと変遷していきました。
その一角にあるのが自家焙煎珈琲店です。
日本にいながらコーヒーに携われるのは、焙煎からと言われます。
もちろんインターネットや語学を介して市場に関わることや農園と交渉し個人輸入することも可能ではありますが、基本的には商社を通じ輸入されたものを取り扱うことが基本となってきます。
多くの自家焙煎店も商社を通して豆を味見し、気に入ったものを購入し、試行錯誤しながら焙煎し、作った味を守り、ときに進化させます。

近年、エスプレッソ・カプチーノブームに伴い、多くの豆は深煎りになりました。
好みも深煎り一択であると感じることさえありました。
あの時、コーヒーを飲み美味しいといった二人の心は今はもうどこかに行ってしまったのでしょうか。
あのころ主流の珈琲は浅煎り、アメリカンコーヒーとも呼ばれていました。

2014年ごろから流行してきたゲイシャ種の台頭やサードウェイブといわれるブームにより浅煎りに目が向けられてきたこともありますが、まだ浅煎りの需要自体はさほどのものではありません。
一つには酸味という言葉が単なる酸っぱさとして独り歩きし、さわやかさと置き換わる認知が進まなかったのでしょう。
コーヒーにある酸味は明るいさわやかさです。
それ以外は劣化による酸味であって、焙煎から日がたってしまったことによるもの、未成熟な豆や虫食いなどすなわち選別されていないコーヒー豆によるもの。
レモン、オレンジといった味わいに代表される酸味の豊かな味わいを自家焙煎コーヒーでお楽しみいただきたいものです。

========================

さわやか説明
懐かしい「アメリカンコーヒー」の軽さをそのままに、味わいを意識して作りました。
青く澄んだ空のように、とてもさっぱりとしています。
香りがしっかりと口腔から鼻に、オレンジのような甘酸っぱさを残しながら駆け抜けていきます。
コーヒー専門店ならではの味と香り、ぜひお試しください。
およそ30杯分お楽しみいただけます。

・中浅煎り
苦味:★★
酸味:★★★★★
コク:★★★
香り:★★★★


【本商品はクリックポスト限定商品です】
配達日時の設定はできません。
 ポストに投函されます。

受注後焙煎発送01
 

  • コーヒー豆 さわやかブレンド 300g 自家焙煎coffee 中浅煎り 珈琲専門 ランキング 約30杯分

  • 型番・品番

    hc-b-002-300

  • 販売価格

    1,606円(税込)

  • 在庫

    10

  • 豆の状態

  • 購入数

カートに入れる(大)



  • From seed to cup.
    珈琲の”栽培から一杯のカップに至るまで”の長い道のりにおいて、日本で行える最も重要な役割が焙煎作業です。
    ただ豆に火を入れればいいだけでなく、豆の選定、選別、火の入れ方、温度と時間管理、保存など、丹念かつ丁寧な工程を積み上げ、お客様のもとに最良の珈琲をお届けし、楽しんでいただくことが焙煎家にとっての目標です。



    「美味しい」とは人それぞれの感じ方です。しかし、珈琲には「よい珈琲」と「わるい珈琲が」あります。
    よい珈琲の定義は、


    1.エラー豆のない良質な生豆を、
    2.豆の性格を把握しながら適切に焙煎し、
    3.焙煎後、長い日を経過させずに、
    4.飲む都度に抽出した珈琲

    極めて単純に言えば、この4点が守られることが、ひつじcoffeeの推奨する「美味しい珈琲」を飲むための条件です。
    付け足すことはたくさんありますが、まずは基本を押さえることが重要だと思っています。


    目指す珈琲

    ひつじcoffeeの目指す美味しい珈琲

    1.生豆へのこだわり
      高品質の生豆でもエラー豆は含まれています。
      またサイズの違う豆は非の通り方も違い、味を不安定にします。
      高品質の豆を最高品質に高めるため、徹底したハンドピックを行っています。

    2.焙煎へのこだわり
      半熱風式焙煎機を使い少量ずつ焙煎します。気温など周辺環境、
      豆の性格を踏まえ、持ち味を引き出す焙煎を心掛けています。

    3.鮮度へのこだわり
      少量生産にこだわります。珈琲は”ナマモノ”であり焙煎直後より少しずつ
      劣化は進み、適切に保存しても4週間もすれば魅力は薄れてしまいます。
      このような珈琲を提供するよりは、注文の都度焙煎し最良の状態の珈琲を
      お客様にお届けいたします。


    ======================
    検索用:コーヒー豆 人気 ランキング 通販 ドリップ 珈琲専門 おすすめ
    時期用:ホワイトデー お返し ホワイトデー限定 ホワイトデー職場 ホワイトデーギフト 母の日 父の日

関連商品